給湯器が故障した場合もすぐに交換、修理ではなく、落ち着いて確認すると故障ではなかったというケースもあります。
交換、修理が必要な故障なのか、自分で解決できる問題なのかを確認するようにしましょう。

給湯器のトラブルで一番多いのが、お湯が出ないというケースです。
冬場になると水道管が凍結していることが原因でお湯も水も出ない、というケースがあります。東北などの寒い地域では冬場にはよく聞かれるケースです。
この場合は給湯器本体の故障ではありませんので、配管にお湯をかけて、凍結している部分を溶かせば問題なく使用できるようになります。
給湯器からのお湯が出ず、ガスコンロにも火がつかないという場合、ガスが通っていない可能性がとても高いです。
この場合も給湯器の故障のこともありますが、まずはプロパンガスが切れている場合や、ガスの供給に問題がある場合もあります。
ガスメーターの復帰ボタンを押して様子を見てみたり、ガス会社に問い合わせて見たりして、対処しましょう。
ガスの提供には何の問題もない場合は給湯器本体の故障が考えられますので、メーカーや修理業者に連絡して修理もしくは交換対応してもらいましょう。

また天候に左右されてお湯が出ないということもあります。
大雨が降った直後の場合、給湯器の内部に雨が入ってしまい、何らかのトラブルを起こしていることが考えられます。
この場合は給湯器内部がしっかりと乾燥すると自然に復旧することがありますので、大雨が降ったあとに使用できない場合はしばらく時間をおいたあとに点火するようにしてみましょう。

給湯器から蛇口までの配管が長い場合もお湯がすぐに出てこないために故障と感じてしまうことがあります。
これは配管内部に水が残っている場合はその水が一旦配管から出てしまうまではお湯が出てこないためです。
しかし配管内部の水が出きったあとでもお湯の温度が安定しない、お湯が出ないという場合は給湯器本体の故障や老朽化が原因のことが考えられますのでメーカーに問い合わせるようにしましょう。
また給湯器には安全機能がついています。
お湯の設定温度がやけどの恐れがあるほどの高温に設定されている場合は、安全機能が働きお湯が出ないようになっています。
そうではなく適切な温度設定になっている場合は、やはりメーカーに問い合わせるようにします。

給湯器は故障時のみの修理や交換の対応だけでなく、定期的な点検が大切になってきます。
一般家庭においてもその便利さから利用頻度も高いもののため、時間の経過とともに不具合が生じやすいです。
そのために故障してしまってから交換や修理となると時間も修理代もかかってしまうことが多いために、故障する前に定期的な点検も行なってもらうようにしましょう。

一般的に一般家庭用の給湯器の点検期間の目安は製造年月からみて9年、長くても11年くらいでの点検をおすすめします。
販売から時間が経過しているものや中古の給湯器を購入している場合は、その使用寿命よりも短い期間でも修理や交換が必要となる場合がありますので、自宅で使っている給湯器が販売からどのくらい経過しているものなのかも参考に点検時期を判断するようししましょう。

業務用の給湯器にいたっては利用頻度も高いために製造年月より2年半から4年半くらいのサイクルで点検するようにしましょう。
一般家庭であれば故障しても修理までの間は我慢したり、ほかで代用できたりしても、業務用給湯器はそうはいきません。
業務用給湯器が故障してしまうと、営業に支障がでてしまったりしますので、一般家庭用よりも短いサイクルでのこまめな点検が大切です。

また企業によっては安全管理のために所有者を登録するシステムがあるところもあります。
所有者登録を行うと点検の時期が近づくとメーカー側から案内が届きますので、万が一に点検時期を忘れてしまっても安心です。

給湯器を使うときはその利用方法も注意が必要です。
そのために給湯器自体に「換気注意」や、「やけど注意」といったような注意喚起の文言が記載されていることあります。

カレンダー

2014年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930